年齢肌に負けないフラーレン化粧品ランキング

年齢肌に負けないフラーレン化粧品ランキング

おすすめのフラーレン化粧品を一挙公開します

HOME » フラーレンコスメ選びの基礎講座 » フラーレン配合化粧品を使用する際の注意点

フラーレン配合化粧品を使用する際の注意点

フラーレン配合化粧品を使用する際の注意点

高いエイジング効果があるとして注目を集めている美容成分、フラーレンは使用の上で注意するべき点がいくつかあります。どのような注意点があるのかを詳しく解説していきます。

必ずチェック!フラーレンの配合量

お肌に効果的な量のフラーレンが含まれている化粧品には、このようなマークがついています。フラーレンが配合されている化粧品を選ぶときは、下記のマークが付いているものを選ぶのがおすすめです。

Radical Sponge(ラジカル スポンジ)

水溶性のフラーレンなので、あらゆる化粧品の配合が可能です。化粧水などの水分の多い化粧品に配合されていることが多いです。

Lipo Fullerene(リポフラーレン)

油溶性の油分に溶けやすいフラーレンです。クリームや日焼け止めなど油分が多い化粧品によく配合されています。

Veil Fullerene(ヴェールフラーレン)

パウダー状のフラーレンで、メイクアップ用品へ配合されていることがあります。

Moist Fullerene(モイストフラーレン)

フラーレンの抗酸化力に、保湿力も加わったフラーレンです。

Hair Shiny Fullerene(ヘアシャイニーフラーレン)

ヘアケア専用のフラーレンです。毛髪補修効果のあるので、ヘアオイルなどに使用されます。

どのようなアイテムに含まれている?ライン使いは必要?

フラーレンは、様々な化粧品に配合されています。例えば下記のような化粧品に配合されています。

基礎化粧品

化粧水・乳液・美容液・洗顔料・メイク落としなどの様々な基礎化粧品に含まれています。基礎化粧品全てをフラーレン配合のものにしないと効果はないのでしょうか?一般的な化粧品と比べると、まだまだ高額なものが多いため気になるところです。

フラーレン配合の化粧品は、ライン使いしなくても効果を感じられます。フラーレンには抗酸化作用がありますが、分子の大きさが小さいために、浸透力もあります。他の美容成分と一緒に使うことで、他の成分が浸透しやすくなる効果があります。

また、吸収しやすいので、洗顔や化粧水などを肌に触れさせる場合は、ゴシゴシせずに優しく肌に触れさせるのがうまく使う方法です。

メイクアップ用品

ファンデーションやBBクリームなどのメイクアップ用品でも、フラーレン配合のものが登場しています。抗酸化作用のあるものをメイクで毎日肌に触れさせることで、肌年齢アップが期待されます。

フラーレンの安全性は?

フラーレンは抗酸化作用があり、エイジングケアで注目を集めている成分ですが、使用方法には少し注意が必要です。

粒子が小さいため、経口で体内に入ることで肺に到達しやすかったり、毒性や発がん性に関する研究が行われいる最中で、はっきりとした結果が判明していないからです。毒性に関する研究は、(PDF)独立行政法人 産業技術総合研究所 安全科学研究部門で行われているものがあります。

また、発がん性に関する研究には(PDF)独立行政法人 産業技術総合研究所 安全科学研究部門で行われているものもあります。

フラーレンだけに頼りすぎず、他のスキンケアも行っていくのがおすすめです。