年齢肌に負けないフラーレン化粧品ランキング

年齢肌に負けないフラーレン化粧品ランキング

おすすめのフラーレン化粧品を一挙公開します

HOME » フラーレンコスメ選びの基礎講座 » フラーレン化粧品が合わない?敏感肌ならパッチテストがマスト!

フラーレン化粧品が合わない?敏感肌ならパッチテストがマスト!

フラーレンはノーベル賞を受賞している、抗酸化作用が高くアンチエイジング、保湿や美白にも効果が期待できる安全性の高い新しい美容成分です。低刺激で敏感肌にもおすすめです。

そう聞いてフラーレン配合の化粧品を使ってみたら合わないみたいでショックです。フラーレンはあなたのお肌に合わないのでしょうか?そんな時、どうすればいいのかをご説明していきます。ぜひ、お肌に合わなかった化粧品を手元に置いて確認してみてくださいね。

フラーレン以外の部分に原因があるかも?

フラーレンはダイヤモンドと同じ、炭素を原料とした成分です。世界各国で安全性実験が実施され、副作用や毒性がない安全な成分であることが確認されてきました。安定した物質であり、化学反応も起こりにくい物質を原料としています。

刺激性が少なく、敏感肌の方にもおすすめの成分として開発されていて、フラーレン自体が肌に合わない、トラブルを起こしたという可能性はかなり低いはず。その製品に使われている他の成分が刺激になったのではないか、と調べてみましょう。

敏感肌に向かない成分が入ってない?

敏感肌には刺激になることが多い成分として以下のようなものが挙げられます。まずは合わないと感じたりトラブルを起こしたりした化粧品の配合成分をチェックしてみましょう。

  • 合成界面活性剤
    合成界面活性剤はクリーム、乳液などで浸透する効果を高めるために使われている成分ですが、敏感肌には刺激になる可能性が高い成分です。
  • 防腐剤(パラベン)
  • アルコール

パッチテストの必要性

化粧品を使っても大丈夫か、使って合わなかった原因はどの成分かを確認するためにはパッチテストをします。やり方はとても簡単なので、敏感肌ならぜひパッチテストをやってみてから、安心して本格的に化粧品を使い始めましょう。

パッチテストのやり方

ばんそうこうのガーゼがついたところに化粧品を染みこませます。2日間、そのままにしておき、はがして肌の状態をチェックします。翌日まで肌に異常がないか確認して、なんともなければOKです。かゆみや赤みが出たら使用は控えましょう。商品に書かれた成分表をチェックしてご説明したような刺激になりやすい成分が入っていないかをチェック、合わない成分を特定していきましょう。

シャンプーやクレンジング剤は蒸留水などで薄めてから染みこませてください。ヘアカラーや除毛剤などの場合は取扱説明書に指示されている方法で実施してください。刺激が強いので短時間で済ませます。 敏感肌の方はセット買いせずに、まずは刺激が少ないものが多い化粧水から試してみるのがおすすめです。

敏感肌の方にお勧めの成分

お肌のターンオーバーサイクルが乱れてお肌のバリア機能が低下しているのが原因で刺激に反応しやすい敏感肌。乾燥で肌がヒリヒリしたり汗でかゆくなったり、悩み多き敏感肌の方におすすめの美容成分には以下のようなものがあります。

  • 高保湿成分セラミド、ヒアルロン酸など

お肌のバリア機能の主な原因は肌の乾燥です。保水力があまりない敏感肌でも水分をキープできるように保湿力が高いセラミドやヒアルロン、レシチンなどの美容成分をお肌に補ってあげましょう。

参考:国立循環器病研究センター