年齢肌に負けないフラーレン化粧品ランキング

年齢肌に負けないフラーレン化粧品ランキング

おすすめのフラーレン化粧品を一挙公開します

HOME » フラーレンコスメ選びの基礎講座 » R.S.マークってなに?

R.S.マークってなに?

フラーレン化粧品選びのポイントとなるR.S.マークについて解説をしています。

1%以上の高濃度フラーレンを配合している証「R.S.マーク」

フラーレン1%以上配合の証R.S.マークお肌の老化を食い止め、肌を若々しく保ってくれエイジングケア効果が期待できると言われているフラーレン。

エイジングケアのための要素として徐々に注目されており、エイジングケアのプロたちも勧めているほど。

 

しかしフラーレンは、一定の基準を超えた配分でないと効果が実感できないという話も。そのため、効果が期待できる配合量として、基準値が設定されています。R.S.(ラジカルスポンジ)マークと呼ばれる基準を満たすには、フラーレンが製品に対して1%以上を占めていなければなりません。

より高い効果が実感できる水溶性フラーレン

フラーレンはエイジング効果が高い上に、肌への副作用がなく、敏感肌の人でも安心して使えるというメリットがあります。

フラーレンは、注目度の高い成分で、フラーレンが入っているというだけで、化粧品自体の価格も高騰しています。値段を考えると、簡単には手がだせないので、購入する場合は、しっかりと効果が期待できるモノを選びましょう。

また、フラーレンを素早く体内に取り込むためには浸透力にも注目したいところです。水溶性フラーレンは、肌への浸透力が高いため効果を感じやすい成分です。購入する際は、水溶性フラーレンを採用しているモノを選ぶと良いでしょう。

フラーレンは濃度が肝心!

フラーレン配合の化粧品は数多くありますが、違いは濃度にあります。1%未満の商品と、1%以上配合されているR.S.マークのついた商品も同じくフラーレン配合と表記されます。ちなみに、配合濃度の高いものだと5%という化粧品もあります。

R.S.マークはフラーレン化粧品にとっていわば品質保証のようなもの。フラーレンが配合されていればなんでもいいというわけではありません。「R.S.」と貼っている製品を選ぶように必ずチェックしてから購入しましょう。

ただし、フラーレンマークがついていない商品が悪いわけではありません。肌トラブルは人によって様々ですから、美容成分のバランスも大切な要素です。できることなら、商品を購入する前にサンプルで試してから、自分に合っているかを確かめることをお勧めします。

L.F.マークってなに?

L.F.の意味は?

L.F.マークのL.F.は、LipoFullerene(リポフラーレン)の略で、『Lipo』は英語で脂肪という意味をもつ単語。フラーレンは炭素原子で構成されるサッカーボール形状のナノサイズの物質です。脂肪という単語が意味しているように、L.F.マークの付いたリポフラーレンは油溶性です。

水溶性のフラーレンが先に商品化されていました。その後、より美容効果の高いクリームや美容液と相性の良いフラーレンの開発が進められ、油溶性のフラーレンが誕生し、2009年に商品化されました。

油溶性のフラーレンは植物性のスクワランに溶かしてあり、角質層の上部にまで成分が浸透。肌の水分量アップやニキビ、シワに作用するという臨床実験のデータもあります。また、スクワランのみの混ぜ合わせなので、自然派化粧品を好む人からも人気が高い商品です。

L.F.マークは有効濃度が配合されている証

様々な肌のトラブルに効くフラーレンですが、ある程度の濃度が配合されていなければ効果的といえないのは、油溶性も同じです。そこで油溶性のフラーレンにも、肌に効果をもたらす基準が決められており、それを示す目印がL.F.マーク。油溶性のリポフラーレンの配合が1%に達していなければ、このマークは使用できません。

しかしL.F.マークがなければ、フラーレンの効果がまったくないというわけではありません。L.F.マークの付いた商品は、一定の信頼があるといえます。フラーレンの美容効果をより実感したい場合は、L.F.マークの付いた商品を選ばれるとよいでしょう。

R.S.マークとL.F.マーク、どう違うの?どっちがお勧め?

R.S.マークとL.F.マークの違い

  • R.S.マーク
  • 水溶性フラーレン(ラジカルスポンジ)が1%以上含まれる商品にのみ表記されます。
  • L.F.マーク
  • 油溶性フラーレン(リポフラーレン)が1%以上含まれる商品にのみ表記されます。

どうして油溶性と水溶性があるの?

油溶性フラーレンと水溶性フラーレンは、ともにほとんどのフリーラジカルを無害化できるといわれています。フリーラジカルとは一般的に活性酸素と同義で使われる分子のことです。しかし、どれだけフラーレンに抗酸化効果があっても、一緒に配合されている他の成分との相性が悪ければ、化粧品として成り立ちません。そこで、一緒に配合されている他の成分としっかり馴染み、それぞれの効果を発揮できるよう、水溶性のラジカルスポンジと、油溶性のリポフラーレンを使い分け、使用されています。

違いを比較

リポフラーレンとラジカルスポンジとでは、効果に違いはありません。しかし以下のような違いがあります。

  • リポフラーレン
  • ・特徴:植物性のスクワランにフラーレンを溶かした化粧品の原料
    ・添加物:スクワラン
    ・溶けやすいもの:植物油(ホホバオイル・オリーブオイル・椿油)やその他の油(ミネラルオイル・液状高級脂肪酸・高極性油)
    ・溶けにくいもの:アルコールやエタノール
  • ラジカルスポンジ
  • ・特徴:添加物を使用し、水に溶けやすくしたフラーレンを用いた化粧品原料
    ・添加物:水・1,3ブチレングリコール・ポリビニルピロリドン(PVP)
    ・溶けやすいもの:多価アルコール・アルコール(エタノール)・水
    ・溶けにくいもの:なし

このようにリポフラーレンは様々なオイルとの相性がよい反面、アルコールやエタノールには溶けにくい成分となっています。そのため肌をひきしめる効果のある化粧水との相性はよくありません。またラジカルスポンジは、特に水との相性にすぐれていることがわかります。

L.F.マークとR.S.マークの付いた化粧品は、どんなものがあるの?

  • R.S.マークの付いた水溶性フラーレンは様々な化粧品に配合できます。
  • L.F.マークの付いた油溶性フラーレンは、クリーム・美容オイル・BBクリームといった、オイル系の化粧品にのみ配合されます。

どちらがお勧め?

R.S.マークの付いたラジカルスポンジは水に溶けやすくするため、L.F.マークの付いたリポフラーレンよりも添加物を多く含みます。しかし、肌に影響を与えるほどのものではなく、どちらが長けているというわけではありません。

『R.S.マークの付いたラジカルスポンジは化粧水にも使用できる』『L.F.マークの付いたリポフラーレンは油分を多く含んだ化粧品との相性が良い』という特徴はありますが、どちらのマークの付いた商品でも効果に違いはありません。R.S.マーク、L.F.マークのどちらかが付いていれば、フラーレンの効果が得られるので、マークの違いで選ぶのではなく、好みの化粧品のタイプで選ぶとよいでしょう。

R.S.マークあり!なフラーレン化粧品ランキング≫≫