年齢肌に負けないフラーレン化粧品ランキング

年齢肌に負けないフラーレン化粧品ランキング

おすすめのフラーレン化粧品を一挙公開します

HOME » フラーレンコスメ選びの基礎講座 » R.S.マークってなに?

R.S.マークってなに?

フラーレン化粧品選びのポイントとなるR.S.マークについて解説をしています。

1%以上の高濃度フラーレンを配合している証「R.S.マーク」

フラーレン1%以上配合の証R.S.マークお肌を老化を防ぎ、若々しい肌へと導く成分だと言われ、最近注目を浴びているフラーレン。

美容サロンのほか、美容皮膚科でもフラーレン入りのエイジングケアを推奨している所も少なくありません。

 

ただしフラーレンは、配合成分が低いとあまり効果がないと言われており、実際に肌へ効果のある配合量を満たしているかの基準が設けられています。その基準がR.S.マーク(ラジカルスポンジマーク)なのです。

R.S.マークを取得するためには、フラーレンの配合量が全体の1%以上であることが条件になります。

より高い効果が実感できる水溶性フラーレン

フラーレンはエイジング効果が高い上に、肌への副作用がなく、敏感肌の人でも安心して使えるというメリットがあります。

ただし、フラーレンは最近注目を浴び始めた成分であることから、フラーレンを配合した化粧品は高額であることがほとんど。気軽に試せる価格帯ではないので、どうせならより高い効果が期待できる化粧品を選びたいところ。フラーレンの効果をより実感するためには、R.S.マークがついているものを選ぶと良いでしょう。

また、フラーレンを効率良く取り込むためには浸透力の高さも大切。水溶性フラーレンなど、はじめから肌への浸透を高くした成分を採用している化粧品を選ぶとより高い効果を実感できます。

フラーレンは濃度が肝心!

フラーレン配合化粧品と言っても、フラーレンの濃度は製品によって異なります。1%以上配合されていてR.S.マークがついているものでも、1%未満でもフラーレン配合と表記されるため注意が必要です。ちなみに、配合濃度の高いものだと5%という化粧品もあります。

R.S.マークはフラーレン化粧品にとっていわば品質保証のようなもの。フラーレンが配合されていても、R.S.がついていない製品もあるので購入する時には注意して見てくださいね。

ただし、フラーレンマークがついていない商品が悪いわけではありません。肌トラブルは人によって様々ですから、美容成分のバランスも大切な要素です。できることなら、商品を購入する前にサンプルで試してから、自分に合っているかを確かめることをお勧めします。

R.S.マークあり!なフラーレン化粧品ランキング≫≫