年齢肌に負けないフラーレン化粧品ランキング

年齢肌に負けないフラーレン化粧品ランキング

おすすめのフラーレン化粧品を一挙公開します

HOME » フラーレンコスメ選びの基礎講座 » いっしょに取り入れたい美容成分リスト

いっしょに取り入れたい美容成分リスト

フラーレンと一緒に摂取することでより高い美肌効果が期待できる成分をご紹介します。

フラーレンとセットで取りたい基本の美容成分EGF・APPSなど

  • EGF
    肌の再生能力新陳代謝を高めてくれる成分。肌細胞の再生を活性化さえる働きがあり、私達人間の体内に存在する物質ですが、加齢にともない体内から減少していきます。
    特に20歳以降は急速に失われるため、お肌の老化が進行します。EGFを意識的に取り入れることで、肌表面にハリが出て、ターンオーバーを正常することができます。
  • APPS
    従来のビタミンC誘導体の100倍以上の浸透力を持つ、水溶性ビタミンC誘導体。
    水溶性ビタミンCと、油溶性ビタミンCのどちらの作用も持ち合わせた進化型の誘導体として話題の成分です。
  • プラセンタ
    胎盤を抽出した成分で、美白効果たるみやシワの改善血行促進ホルモンバランスの調整など様々な効果があります。
  • コエンザイムQ10
    細胞内でエネルギーを作り出し、細胞の活発化を促します。また、しわやくすみの原因とされている活性酸素を無害化する作用を持っています。
    ストレスや紫外線のダメージなど、肌に負担をかけているという人は、日々のスキンケアにコエンザイムQ10を取り入れると良いでしょう。

オリジナル成分にも注目しましょう

上記に挙げたような基本的な美肌成分が入っていることも大切ですが、その化粧品独自の成分が配合されているかもポイントになります。

独自で開発したり入手したりする場合は、その製品にそれだけ力をかけているということですし、それだけ高い効果もできるからです。

ここでは、いくつかのフラーレン化粧品で発見した珍しい成分を紹介します。

  • アップルスティムセル
    奇跡のリンゴと呼ばれる、世界で20本しかないリンゴから抽出したエキス。
    しわやたるみを細胞レベルから改善する成分で、オバマ大統領夫人やジェニファー・ロペスなどのセレブも注目している成分なのだとか。
    日本でも、最近はテレビや雑誌などのメディアでも数多く取り上げられるようになりました。
  • リピジュア
    別名ポリクオタニウム-51。ヒアルロン酸の約2倍の保湿力を持ち、水や汗に濡れても保水力が下がらないという特徴を持つ、話題の成分です。
    さらに、肌のバリア機能を補強し、紫外線などのダメージから肌を守ります。