年齢肌に負けないフラーレン化粧品ランキング

年齢肌に負けないフラーレン化粧品ランキング

おすすめのフラーレン化粧品を一挙公開します

HOME » フラーレンコスメ選びの基礎講座 » フラーレンの美容効果をおさらい

フラーレンの美容効果をおさらい

そもそもフラーレンの美容効果ってどのようなものなのか、ここで改めて解説いたします。

ノーベル賞を受賞した注目の成分「フラーレン」とは

フラーレンは1996年にフラーレン発見の功績によってノーベル化学賞を受賞したいま世界的に注目されている成分です。

フラーレンはダイヤモンドと同じ炭素同素体で、サッカーボールのような形をしている物質。フラーレンには紫外線のバリア機能、エイジングケアなど様々な効果が期待できる成分が含まれていて、今美容業界でもだんだんと注目を浴びてきている成分です。

老化の要因となる活性酸素を吸い取って除去する作用が特長で、ビタミンCの125倍もの抗酸化作用プラセンタの800倍ものコラーゲン生成促進作用など、女性にとって嬉しい効果がたくさんあって、まさに救世主ともいえます。

フラーレンとほかの抗酸化成分との比較

抗酸化成分として注目を集めているフラーレンですが、他の抗酸化成分とはどのような違いがあるのでしょうか?フラーレン以外の代表的な抗酸化成分の概要と、フラーレンとの違いについてご紹介していきます。

フラーレンと特徴

フラーレンは非常に強い保湿力と抗酸化作用を持つものです。活性酸素を除去する力を持ち、炎症を抑えることができる成分として知られています。

肌のバリア機能として活躍するコーニファイドエンペロープ(たんぱく質の一種)を作り出すことにも寄与するという特徴もあります。

フラーレンは、

  • 抗酸化作用によって活性酸素の生成を抑えること
  • たんぱく質の膜を作り出すことをサポートして、肌にバリア機能を持たせること
  • 高い保湿効果を誇り、肌に保湿のバリアを張り巡らせること

という3つの効果で、肌をサポートしていきます。

さて、保湿成分として名高いものに、ヒアルロン酸やグリセリンがあります。これらは高い保湿効果を発揮することが研究によって認められています。これを使用した人はそうではない人に比べて肌から失われる水分量が少なかったという統計も出ています。

また、ヒアルロン酸の場合は抗酸化用も発揮します。

フラーレンの効果

フラーレンもヒアルロン酸もグリセリンも、保湿効果があるという点では共通しています。

また、フラーレンやヒアルロン酸には抗酸化作用があることも認められていますただ、フラーレンの場合はノーベル賞を受賞した素材であるという点で、ほかの2つと差別化されて話されることが多いといえます。

ビタミンCも非常に有用な成分ですが、抗酸化作用に限って話をした場合、フラーレンはそのビタミンCの125倍もの効果を示すといわれています。特に、ニキビに対して発揮する抗酸化作用はよく取り上げられています。

ニキビの改善において肌にバリアを張り巡らせることは非常に効果的なものですが、フラーレンの場合は熱を持ってしまったニキビを鎮静化させることにも役立ちます。

さらに、フラーレンの有する抗酸化作用は、「美白」に対しても効果的に働くことが分かっています。メラニン色素は活性酸素によっても生じるものです。

その最初の「活性酸素の発生」の段階でフラーレンがこれをある程度除去してくれるため、メラニンの生成を行うチロシナーゼ(酵素の一種)の生成も抑えることができるのです。そのため美しく白い肌は、「美」を示す一つの指標でもあります。

抗酸化作用による美白効果や肌トラブルの防止、高い保湿効果、バリア機能を充実させられることを考えれば、フラーレンはほかの美容成分と比べても非常に優秀な成分であるといえるでしょう。

フラーレンとそのほか美容成分の比較

  抗酸化作用 持続性 保湿力
フラーレン 極めて強い 長い 高い
コエンザイムQ10 あり 短い 普通
ビタミンC 強い 長い 普通
ビタミンE あり 短い 普通
アスタキサンチン 強い 普通 普通
プラセンタ 強い 普通 高い
インディバ 30分 1回7,000円 6回~24回

もちろん、「フラーレンだけを使っていれば、ほかのケアは一切必要がない」とまではいえません。また、基礎化粧品に配合されている成分は非常に多く、複雑で、それぞれにそれぞれの特徴があります。

たとえばビタミンCなども、厚生労働省に美白効果の認められた成分です。また、「もっとも強力な保湿効果を誇る成分」としてセラミドが挙げられることもあります。

ノーベル賞を受賞しており、輝かしい抗酸化作用能力と保湿力を誇るフラーレンは、私たちにとって強い味方となるものです。

下記では、それぞれの有名な成分との比較についてもつづっていきます。ただ、これは「フラーレン以外の成分は無意味だ」ということではありません。また、フラーレンを配合した基礎化粧品のなかには、この下記で挙げる成分も一緒に配合したものも存在しています。

「ビタミンC誘導体とフラーレンを組み合わせて配合することで、より強い相乗効果を生み出すことができる」という見解も出ています。

下で挙げる「フラーレンとほかの成分との違い」も踏まえつつ、「一緒に使うことでより効果を得られやすくなる成分」「それぞれの長所を生かしていける基礎化粧品」を探すことが、美肌をつくるための有効な方法だと言えるでしょう。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10とは、脂溶性の物質で、人体にも含まれている成分です。抗酸化力があり、シミやシワなどの加齢による肌トラブルに効果的と言われています。また、ビタミンEをサポートする役割も持っています。

ただし、医薬品の成分としても使われていることから、配合量が厚生労働省によって制限されています(※1)。
また、効力が長続きしないことがわかっています(※2)。

 

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化力が高いことから最もよく化粧品に使用されている成分の1つです。フラーレンは、ビタミンCの100倍以上もの抗酸化力があることや、肌への刺激が少ないこと、抗酸化力の持続性が高いことがわかっています。

ビタミンE

ビタミンEは、肌の抗酸化力に優れています。また、血行促進作用やくすみ改善効果もあり、ビタミンCとともに摂取することでお互いの抗酸化機能を補いあうことができます。また
安全性が高い抗酸化力がある成分としても知られています(※3)。
しかし、フラーレンと比較すると抗酸化力の持続性においては劣ってしまいます。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、ビタミンCやビタミンBよりも高い抗酸化力があると言われています。抗酸化力に関する研究では、ビタミンEの100倍もの効果が発見されたという結果もあります(※4)。

ただし、アスタキサンチンは甲殻類からの抽出物なので、甲殻類アレルギーの人は使用に注意が必要です。その点、フラーレンは刺激が弱く比較的誰でも使える成分です(※ 5)。

プラセンタ

プラセンタの、フラーレンと同じようにアンチエイジングに効果があるとして知られている成分です(※6)。プラセンタは、老化を促進させる活性酸素を吸着したり除去したり抗酸化作用に優れていたりする成分として知られています。

近しいプラセンタに少なくフラーレンにある能力として、コラーゲン生成を促す力があります。また、フラーレンの方が保湿力が高いのもフラーレンのメリットです。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献・脚注

参考:
※1 内閣府OTO 市場開放問題苦情処理体制 データベースより
※2 筑波大学大学院/環境応答性レドックスナノ粒子を用いた高機能性スキンケア薬粧品の創製[pdf]
※3 ビタミンEおよびその類縁化合物の抗酸化作用[pdf]
※4 富士フイルム(株) ライフサイエンス研究所 /アスタキサンチンナノ乳化物を用いた機能性化粧品 「アスタリフトR」[pdf]
※5 アスタキサンチンナノ乳化物を用いた機能性化粧品「アスタリフトR」[pdf]
※6 星薬科大学/ヒト由来プラセンタエキス中の抗酸化物質に関する研究[pdf]

フラーレンにはどんな美容効果がある?

フラーレンは次のような美容効果が期待できます。

 フラーレンの美容効果  
  • 活性酸素消去効果
    活性酸素を除去して老化を防ぎ、若々しい肌へ。
  • 細胞死防止効果
    紫外線により発生した活性酸素を除去することで、皮膚細胞を傷つけない。
  • メラニン抑制効果
    有害な刺激を吸い取り、メラニン生成を阻害することで色素沈着を防ぐ。
    (しみ・そばかすの予防)
  • セルライト抑制効果
    脂肪のたまるのを抑えられ、小顔効果を期待できることも。

このように、フラーレンは加齢にともなう肌トラブルのケアに欠かせない成分なのです。

フラーレン化粧品はこんな人にお薦め

フラーレン化粧品はお肌のトラブルに幅広く対応しますが、その中でもこんな方々には特におすすめできます。

 フラーレン化粧品がオススメな方  
  • ハリが感じられない
  • 年齢とともにシミが増えてきている
  • 肌がごわごわする
  • ほうれい線や目尻のしわが気になる

コラーゲン生成を促進することで、しわの改善だけでなく、日々の生活やストレスによってもたらされるニキビや乾燥肌といったトラブルも防ぐことができます。

年齢とともに気になるお肌のトラブルが気になるという方は、一度フラーレン配合の化粧品を試してみてください。