年齢肌に負けないフラーレン化粧品ランキング

年齢肌に負けない
フラーレン化粧品ランキング

おすすめのフラーレン化粧品を一挙公開します

フラーレンの美容効果をおさらい

そもそもフラーレンの美容効果ってどのようなものなのか、ここで改めて解説いたします。

ノーベル賞を受賞した注目の成分「フラーレン」とは

フラーレンは1996年にクロトー博士等がフラーレンの発見に基づく功績によってノーベル化学賞を受賞した成分で、世界的に注目されています。

フラーレンはダイヤモンドと同じ炭素同素体で、サッカーボールのような形をした物質です。その中には、紫外線防御、老化防止などマルチな効果が期待できる成分が含まれており、今美容業界でもじわじわと注目されている成分です。

老化の原因となる活性酸素をスポンジのように吸い取ってくれる働きがあることが特長で、ビタミンCの125倍もの抗酸化作用プラセンタの800倍ものコラーゲン生成促進作用など、女性にとってのまさに救世主的な存在なのです。

フラーレンとほかの抗酸化成分との比較

抗酸化成分として注目を集めているフラーレンですが、他の抗酸化成分とはどのような違いがあるのでしょうか?フラーレン以外の代表的な抗酸化成分の概要と、フラーレンとの違いについてご紹介していきます。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10とは、脂溶性の物質で、人体にも含まれている成分です。抗酸化力があり、シミやシワなどの加齢による肌トラブルに効果的と言われています。また、ビタミンEをサポートする役割も持っています。

ただし、医薬品の成分としても使われていることから、配合量が厚生労働省によって制限されています(※1)。
また、効力が長続きしないことがわかっています(※2)。

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化力が高いことから最もよく化粧品に使用されている成分の1つです。フラーレンは、ビタミンCの100倍以上もの抗酸化力があることや、肌への刺激が少ないこと、抗酸化力の持続性が高いことがわかっています。

ビタミンE

ビタミンEは、肌の抗酸化力に優れています。また、血行促進作用やくすみ改善効果もあり、ビタミンCとともに摂取することでお互いの抗酸化機能を補いあうことができます。また
安全性が高い抗酸化力がある成分としても知られています(※3)。
しかし、フラーレンと比較すると抗酸化力の持続性においては劣ってしまいます。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、ビタミンCやビタミンBよりも高い抗酸化力があると言われています。抗酸化力に関する研究では、ビタミンEの100倍もの効果が発見されたという結果もあります(※4)。

ただし、アスタキサンチンは甲殻類からの抽出物なので、甲殻類アレルギーの人は使用に注意が必要です。その点、フラーレンは刺激が弱く比較的誰でも使える成分です(※ 5)。

プラセンタ

プラセンタの、フラーレンと同じようにアンチエイジングに効果があるとして知られている成分です(※6)。プラセンタは、老化を促進させる活性酸素を吸着したり除去したり抗酸化作用に優れていたりする成分として知られています。

近しいプラセンタに少なくフラーレンにある能力として、コラーゲン生成を促す力があります。また、フラーレンの方が保湿力が高いのもフラーレンのメリットです。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献・脚注

参考:

フラーレンにはどんな美容効果がある?

フラーレンは次のような美容効果が期待できます。

 フラーレンの美容効果  
  • 活性酸素消去効果
    老化の原因となる活性酸素を取り除き、若々しい肌へと導く。
  • 細胞死防止効果
    紫外線の刺激を受けて発生した活性酸素による、皮膚細胞への攻撃を阻止する。
  • メラニン抑制効果
    メラニン生成の原因となる有害刺激を吸い取り、メラニンによる色素沈着を防ぐ。
    (しみやそばかすの生成を防ぐ)
  • セルライト抑制効果
    脂肪の蓄積を抑制する効果があり、小顔効果に繋がることも。

このように、フラーレンは加齢にともなう肌トラブルのケアに欠かせない成分なのです。

フラーレン化粧品はこんな人にお薦め

フラーレン化粧品はあらゆる肌トラブルに対応できますが、特にお薦めしたいのが以下のような方です。

 フラーレン化粧品がオススメな方  
  • お肌にハリがない
  • ほうれい線や目尻のしわが気になる
  • 年々シミが増え続けている
  • 肌がゴワついている

コラーゲンの生成を助けることで、内側からシワを改善することができますし、生活リズムの変化やストレスによる、乾燥肌や吹き出物といったトラブルも防ぐことができます。

しみ、しわ、たるみ、黄ばみ、老化肌が気になる方は一度、フラーレン配合の化粧品を試してみても良いかもしれません。

この記事の関連ページ